2019年8月6日

合宿免許と通学免許で安いのはどちらか

投稿者: admin

仕組みの違いを理解しよう

合宿免許と通学免許で違うのは免許を取るために必要な教習を受けるための仕組みです。合宿免許の場合には教習所の中や近くに泊まって毎日教習を受けることにより免許を取得することを目指します。毎日教習のスケジュールが決まっていて、学校の授業を受けるようにして決められた通りに学んでいくのが特徴です。毎日受講できるギリギリいっぱいの教習がスケジュールされているので、短期間で必要なカリキュラムをこなすことができます。修了検定と卒業検定の日取りも最初から決められていて、その通りに進められるように努力することが求められます。ただし、修了検定に落ちてしまったときなどには適宜スケジュールを変更してもらうことが可能です。

一方、通学免許の場合には自宅から通うのが基本になっています。教習所の方でスケジュールを決めているわけではなく、学科と技能の教習を適宜都合に合わせて予約して受講していくというシステムになっているのが特徴です。教習所によって予約システムには違いがありますが、一般的には学科教習は自由に予約でき、技能教習は終わったら次の教習の日時を予約するという形式になっています。仕事や学業、プライベートなどとの兼ね合いを考えながら教習を自分なりにスケジュールできるのが魅力です。ただし、混み合う時期には次の技能教習の予約が取れず、免許を取るまでにかなり長い期間がかかってしまうこともあります。

費用の違いを確認しよう

合宿免許と通学免許では費用にも違いがあります。合宿免許の場合には宿泊費や食費が余分にかかることになってしまいますが、トータルでかかる費用は実は合宿免許の方が安いことも少なくありません。通学免許に比べて教習そのものにかかる費用が低めに設定されているからです。合宿免許では教習所の人も車も無駄なく動かすことができるため、教習生一人あたりの料金が安くても利益を上げやすいのが教習費用が安くなっている理由です。通学免許では教習生一人一人が自由にスケジュールを組めるようになっているため、教習所はその希望に沿うサービスを提供しなければなりません。その分だけ人や車に余裕を持たせなければならず、コストがかかる分が教習費用に上乗せされてしまっています。

それでも合宿免許では宿泊費や食費がかさんでしまうのではないかと懸念する人もいます。しかし、宿泊費についても教習所が提携しているホテルに安く泊まれたり、宿舎が用意されていて格安で利用できたりすることが多くなっています。食事を用意してくれる、あるいは安い食堂を利用できるといった仕組みの合宿免許も多く、全体として費用面ではメリットが大きいのが合宿免許の魅力です。