2019年8月6日

合宿免許の特徴と上手な利用方法

投稿者: admin

必要な講習を短期間で受けられるのが魅力

合宿免許は自動車学校などの施設が行っている、泊りがけの運転講習プランです。通常は自宅や会社などから自動車学校へ通い、免許取得に必要な講習を受けます。この方法では講習時間の調整や使用する教習用車両の予約手続きの都合によって、免許取得まで長期化するケースもあります。合宿免許は免許取得に必要な講習を受けるための日数分だけ拘束される形になるので、必要最低限の時間ですべての講習を受けられるのが大きな利点です。また、順番待ちが存在しないので教習用車両の事前予約を行う必要がありません。そのため、学生のように長期間の休暇を取得できる人には非常に便利なシステムと言えます。料金も自動車学校に通って取得するよりも割安になるのが一般的なので、支出を抑えたい人にも最適です。

合宿免許はデメリットもあるので注意が必要

時間がかからず費用も割安で済むことが多い合宿免許は非常に魅力的ですが、その一方でデメリットもあることを把握しなければいけません。合宿免許は名前の通り、自動車学校などが用意した宿泊所に泊まり込んで講習を受けるプランです。免許取得に必要な勉強や実技講習に集中できる反面、期間中は宿泊施設に拘束される形になります。最短でも二週間ほどの日数を要するため、長期間の休暇を得られない人には不向きです。また、合宿免許は必ずしも常に利用できるわけではありません。自動車学校などの施設ごとに開催時期が決められていることがある他、規定の人数に達しなければ中止になるケースも稀にあります。同じ合宿免許でも夏休みや冬休みの時期には料金が割高になる施設もあるので、免許を取るために合宿免許の利用を検討している人は入念な情報収集が必須です。

合宿免許への参加は講習を効率的に受けるための選択肢

泊まり込みで必要な講習を受ける合宿免許は最も効率の良い方法と言えます。運転免許を取得するには試験場での試験に合格する必要がありますが、自動車学校などの施設で規定の講習をすべてクリアしなければ受験資格が得られません。そのため、短期間で必要な講習を受けられる合宿免許はできるだけ早く免許を得るための方法として広く普及しているのです。また、合宿免許は基本的にすべての車両免許が対象になっています。大型車両のように教習用の車両が少ない免許は事前の予約手続きが順番待ちになりやすいので免許取得まで長期化する問題がありますが、合宿免許であれば車両の予約は必要ありません。大幅な時間の短縮を見込める利点がありますが、施設によっては合宿免許で受け付けている運転免許が限定されている所もあるので注意する必要があります。